[直線性]オプションは、基準変数をX変数、バイアスをY変数として使用し、回帰分析を行います。この分析では、部品のサイズとバイアスとの関係が調べられます。傾きが0に等しくなるのが理想的です。部品の実際の大きさ(または、基準として厳密に測定された測定値)と測定バイアスの間に有意な関係があると結論できます。
[直線性]オプションは、起動ウィンドウで[基準]変数を指定した場合にのみ選択できます。
起動ウィンドウで[X, グループ変数]に指定した変数の水準ごとに、個別の直線性プロットを作成します。