部品ごとに生じる工程変動。測定の信頼性がとても高い場合には、データのばらつきはこの変動だけに起因します。
同じ部品を同じ条件で測定しても生じる測定の変動、つまり併行精度(repeatability)。表7.1 ではセル内変動と呼ばれています。