JMPにおける比例ハザードモデルでの生存率の推定値は、経験法を使って一般化されたもので (Lawless 1982)、経験的累積ハザード関数推定値H(t)により、S(t) = exp(-H(t))で求められます。ここでの累積ハザード関数推定値は、次のように求められています。