「比例ハザードのあてはめ」プラットフォームを起動するには、[分析]>[信頼性/生存時間分析]>[比例ハザードのあてはめ]を選択します。
図14.4 「比例ハザードのあてはめ」の起動ウィンドウ
[打ち切り]列の値の中で、打ち切りの観測値に相当する値を入力します。