この例では、「VA Lung Cancer.jmp」サンプルデータに対して、比例ハザードモデルをあてはめます。このデータテーブルは、無作為割付けの臨床試験によって得られたデータです。外科手術が難しい肺がんを患った男性患者を、標準的な化学療法の群(「Standard」)と、新しい化学療法を受ける処置群(「Test」)に割り付けました。この試験の目的は、処置方法によって生存時間に違いが生じるかどうかを、特に腫瘍の種類(「セル」)に着目して評価することです。このデータの詳細については、Prentice(1973)およびKalbfleisch and Prentice(2002)を参照してください。
患者の年齢(「年齢」
「年齢」「月数」「KPS」は連続尺度の測定値、「セル」「処置」「前治療」はカテゴリカル(名義尺度)変数です。名義尺度の「セル」には、「Adeno」、「Large」、「Small」、「Squamous」の4つの水準があります。
1.
[ヘルプ]>[サンプルデータライブラリ]を選択し、「VA Lung Cancer.jmp」を開きます。
3.
「生存日数」[イベントまでの時間]に指定します。
4.
「打ち切りの有無」[打ち切り]に指定します。
5.
「セル」「処置」「前治療」「年齢」「月数」「KPS」を選択し、[追加]をクリックします。
6.
[実行]をクリックします。
7.
赤い三角ボタンのメニューから[リスク比]を選択します。
図14.6 効果や水準が複数ある比例ハザードモデルのレポート
「効果の尤度比検定」レポートで、「p値(Prob>ChiSq)」の値が小さいことから、「KPS」「セル」の少なくとも1水準は、他の水準と異なると結論できます。一方、「処置」「前治療」「年齢」「月数」の各効果は有意ではありません。