以下に挙げる損失関数は、良く使われる生存時間分布の「負の対数尤度」(対数尤度の符号を逆にしたもの)です。どの式も、計算式エディタのIf関数を使って表しています。If関数の初めの節で、打ち切られていないケースの損失関数が定義されています。続いて、右側打ち切りの損失関数がElse節で定義されています。これらの計算式は、サンプルデータフォルダの「Loss Function Templates」フォルダ内にあるテーブルからコピーして、データテーブルに貼り付けることができます。
ここに示す指数損失関数では、「sigma」は指数分布の平均、「時間」は故障時の年齢です。
「Loss Function Templates」フォルダに、「モデル」列を使って定義する例(Weibull, 1 Parm.jmp)、2パラメータで定義する例(Weibull, 2 Parm.jmp)、極値分布(Extreme Value.jmp)の例が含まれています。
下に示している対数正規損失関数の式において、Normal Distribution (モデル/sigma)は標準正規分布の累積分布関数です。ハザード関数はt=0のときに0の値を取り、最大値まで増加した後、tが大きくなるにつれて減少し、0に近づきます。
Yがロジスティック分布に従う場合、exp(Y)は対数ロジスティック分布に従います。