サンプルデータの「Bladder Cancer.jmp」には、退役軍人局協力泌尿器研究グループ(Veterans Administration Cooperative Urological Research Group)が収集したぼうこう腫瘍の再発に関するデータが含まれています。Andrews and Herzberg(1985、表45)を参照してください。表在性膀胱腫瘍を発症した患者が対象で、試験の開始前に腫瘍が取り除かれています。各患者は、プラシボ薬の投与、ピリドキシン(ビタミンB6)の投与、チオテパを使った定期的化学療法の3つの処置群に分類されます。次に行う腫瘍の再発分析では、病気の進行を調べ、3つの処置に差があるかどうかを調べます。
起動ダイアログボックスで図5.8 に従って入力を行います。
図5.8 「ぼうこう癌」データを使った起動ダイアログボックス
図5.9 は、3つの処置のMCDプロットです。
図5.9 「ぼうこう癌」のMCFプロット
処置によって差があるかどうかを調べるには、プラットフォームの赤い三角ボタンのメニューから[MCFの差のプロット]コマンドを選択し、次のようなプロットを作成します。
図5.10 MCFの差