要素重要度と故障までの時間
「Birnbaum要素重要度」プロファイル
[Birnbaum要素重要度の表示]を選択すると、システムダイヤグラムでの各要素に対して、Birnbaum要素重要度(BCI; Birnbaum's Component Importance)を重ね合わせたプロットが表示されます。ある時間におけるある部品のBCIは、その部品が故障したことによってシステムが故障する確率です。BCIが大きい部品は、システムの信頼性に大きな影響を与えます。
図10.21 「Birnbaum要素重要度」プロファイル
余寿命Birnbaum要素重要度
[余寿命Birnbaum要素重要度の表示]を選択すると、余寿命のBirnbaum要素重要度の重ね合わせプロットが表示されます。余寿命Birnbaum要素重要度は、「生存時間」で指定された一定の時間が経過した後、該当の部品が故障したことによってシステムが故障する確率です。デフォルトでは、「生存時間」は0に設定されており、余寿命Birnbaum要素重要度はBirnbaum要素重要度と同じです。
「生存時間」に値を入力して、システムが故障しせずに経過した時間を指定します。数値を入力する代わりに、原点にある小さな長方形を右方向にドラッグすることにより、「生存時間」をマウス操作で変更することもできます。
図10.22 余寿命のBirnbaum要素重要度
総合要素重要度
[総合要素重要度の表示]を選択すると、信頼性ブロック図における要素に対して、総合要素重要度(integrated importance measures)の重ね合わせプロットが表示されます。要素ごとの総合要素重要度は、要素ごとの瞬間故障率(ハザード)と信頼性も考慮しています。See Si et al.(2012)を参照してください。
図10.23 総合要素重要度
平均故障時間
[平均故障時間の表示]を選択すると、システムの平均故障時間(MTTF; Mean Time To Failure)が表示されます。