部品の設定
表10.1  設定内容
2.
[実行]を選択します。
3.
信頼性ブロック図をJMPスクリプト言語(JSL)ファイルとして保存するには、[ファイル]>[上書き保存]を選択し、「exampleRBDcomplete.jsl」などの適当な名前を付けて保存してください。
図10.11 信頼性ブロック図の例