「生存時間分析」プラットフォームを起動するには、[分析]>[信頼性/生存時間分析]>[生存時間分析]を選択します。
図12.3 「生存時間/信頼性分析」起動ウィンドウ
打ち切りを示す値が含まれている列を指定します。「打ち切りの値」ボックスに、打ち切りを示す値を入力します。以下のような場合は、[打ち切り]の列に異なる値が3つ以上あってもかまいません。