生存時間データは、特定のイベントが発生するまでの時間を記録したもので、イベント-時間応答データ(event-time response data)とも呼ばれます。通常は、エンジンの故障や、患者の死亡などの「故障」をイベントとします。観測期間が終了するまでに故障が発生しなかったデータは、打ち切りのあるデータと呼ばれます。
図12.1 「生存分析プロット」の例
目次