範囲を指定する場合は、[範囲を指定]をクリックしてから下限値と上限値を指定します。[範囲を指定]チェックボックスをオンにした場合、値ラベル」に整数以外の値も指定できます。グラフビルダーでは、X軸とY軸に値ラベルを使用できます。
ヒント: 欠測値にラベルを割り当てるには、下限にピリオド(.)を入力し、上限は空白にしておきます。他のすべての値にラベルを割り当てるには、下限にピリオドを3つ(...)入力し、上限は空白にしておきます。
ヒント:  
設定した値ラベルを削除することなく、データテーブル内で値ラベルをオフにするには、列プロパティウィンドウで[値ラベルの使用]チェックボックスをオフにします。または、データテーブルで値ラベルの表示と非表示を簡単に切り替えるには、列を右クリックして[値ラベルの使用]にチェックを付けるか、チェックを外します。
データテーブルに値ラベルが含まれている場合でも、[検索]コマンドは、ラベルではなく実際の値を検索します。
データテーブルに値ラベルが含まれている場合、「行の編集」ウィンドウにはラベルが表示されます。編集するセルを強調表示すると、実際の値が表示されます。
1.
データテーブルで、列を右クリックして[列情報]を選択します。
2.
[列プロパティ]のリストから、[値スコア]を選択します。
5.
[追加][変更]、または[削除]をクリックします。
6.
[OK]をクリックします。
ヒント: 分析レポート内の行データを別の順序で表示するには(値を基準にした順序またはデータテーブル列での出現順以外)、「値の順序」プロパティを使用します。詳細については、値の順序を参照してください。「値の順序」と「データの出現順」プロパティを同時に指定した場合は、「値の順序」プロパティが優先されます。
カラーテーマを使用するには、値の色のリストの下にある[カラーテーマ]をクリックし、色を選択します。
データテーブルのセルに色をつけるには、[値によるセルの色分け]チェックボックスをオンにします。
1.
[列プロパティ]の領域で、値の色のリストの下にある[カラーテーマ]をクリックします。
3.
[新規]をクリックします。
5.
カラーテーマに名前を付けて、[保存]をクリックします。
6.
[OK]をクリックします。