下側仕様限界、上側仕様限界、目標値を任意の組み合わせで指定できます。[グラフ上に参照線を表示]オプションをオンにすると、指定した仕様限界と目標値がプロット上に参照線として表示されます。