図3.36 変換列のメニューの例
メモ:  
メモ: これらの関数に対しては、[グループ別]オプションが役に立ちます。
2つの列を作成します。「欠測値」という列は、欠測値を列の平均で置換したものです。「欠測値フラグ」列は、欠測値の場合は1、そうでない場合は0の値を取ります。
日付値または時間値を含む列値の場合、[日付時間]メニューから関数を選択すると、選択した列から計算した値を含む変換列が作成されます。詳細については、[ヘルプ]メニューの[スクリプトの索引]を参照してください。