インダストリー4.0、IoT(物のインターネット)、その他「ビッグデータ」イニシアチブなどの出現により、製品のライフサイクルを通じて企業によって収集されたデータは、未だ活用しきれていないことが分かってきました。これらのデータは、実状の重要な機能を実行可能な方法で抽象化するモデルを構築するために使用できますが、これを迅速に行うためのスキル、知識、ツールが必要です。残念ながら、これを行うことは簡単ではなく、より多くのデータを頻繁に収集することに重点を置いている現在の取り組みが、状況をさらに悪化させています。

このプレゼンテーションでは、データ分析に関連する主な障壁や、データのサンプリング、準備、分析を視覚的および統計的に開始する方法について説明します。さまざまな製造部門の例を使用して、品質、生産、エンジニアリング、および使用中のデータを結合して分析する方法をご紹介します。加えて調査結果を統計的な考えを持たないステークスホルダーに説得力のある形で提示する方法もご紹介します。その結果、業務の効果を最大化し、データ駆動型のメリットを現実のものにできます。

 

登録して見る(無料)

*
*
*
*
(法人格をつけた正式名称を省略せずにご記入ください)
 

ご記入いただきました個人情報は、弊社の「個人情報保護方針」に基づき、適切な取扱と管理をさせていただきます。