内容

JMPをすでにお持ちの方を対象に、毎月1回さまざまなテーマでJMPの活用方法についてご紹介するセミナーです。第5回は、「信頼性分析入門」です。

詳細

「製品や部品の寿命予測を行いたい」
「製品の将来の故障数を予測したい」

製品の故障時間を分析する機能が用意されており、たとえば、いつ頃、部品が故障するのかを予測したり、製品の返品コストを予測するためなどに用いることができます。

さらに、JMP 12では、破壊的プロセスにおける製品の信頼性をモデル化するための「破壊劣化」のメニューが追加され、より簡単に破壊劣化試験のデータの分析ができるようになりました。

本セミナーでは、信頼性分析の中から、「寿命の一変量」、「信頼性予測」、「破壊劣化」のプラットフォームの基本的な機能について、ご紹介します。

なお、このセミナーでは、製品の信頼性に関する分析を対象としており、人の生存時間などの寿命データの分析については対象としておりませんので、予めご了承ください。

このセミナーで学ぶこと

  • 寿命データに分布をあてはめる
  • 製品の信頼性予測(将来の故障数を予測する)
  • 破壊劣化試験の分析

登録して見る(無料)

*
*
*
*
(法人格をつけた正式名称を省略せずにご記入ください)
 

ご記入いただきました個人情報は、弊社の「個人情報保護方針」に基づき、適切な取扱と管理をさせていただきます。

 
 

Back to Top