Webセミナー オンデマンド

Triskaidekaphilia: JMP 13 新機能のご紹介

"Triskaidekaphilia"は「数字の13への偏愛」を意味します。USで行われた「Discovery Summit 2016」で、9月21日にJMPの開発者兼チーフアーキテクトのJohn Sall(ジョン・ソール)が、JMP 13の新機能を紹介した模様をビデオにて視聴できます。


Triskaidekaphilia。この言葉は「数字の13への偏愛」を意味します。JMP 13のリリースにより、この言葉の意味を多くの人が実感することになると信じています。このセッションでは、開発者兼チーフアーキテクトのJohn Sall(ジョン・ソール)が、新規リリースで加わったさまざまな機能の一部を紹介します。

データの収集と準備に掛かる時間を短縮し、データに隠された可能性を深く掘り下げることに、より多くの時間を費やすことができます。

  • クエリービルダーにより、JMPテーブルの操作が簡単に。またメモリ内での仮想結合も可能
  • 工程のスクリーニングにより、大規模な本番データのレポートの検索を簡素化
  • 計画の比較により、より効率的な実験計画を比較・検討が可能
  • MaxDiff分析を使った消費者調査の機能強化
  • 潜在クラス分析を使うことで、カテゴリカル変数や変数のクラスター化がより柔軟に
  • テキストエキスプローラ分析によりテキストデータの分析が可能。(日本語未対応)

(このWebセミナーで使用されている言語は英語です)

*
*
*
 
 

ご記入いただきました個人情報は、弊社の「個人情報保護方針」に基づき、適切な取扱と管理をさせていただきます。

 
 

Back to Top