Pharma Industry Overlay
製薬業界向けのデータ分析ソフトウェア

JMP®が製薬およびバイオテクノロジー業界にもたらす効果

JMPデータ分析ソフトウェアは、世界最大かつ最も革新的な製薬およびバイオテクノロジー企業の一部が、工程および研究室データを調査し、工程変動の原因を理解し、根本原因の調査から詳細を学び、工程と実験計画を最適化することを可能にします。これらはすべて、コーディングの知識は不要です。

研究開発向け

新製品や新しい工程においては、過去のデータを参考にできません。そのため、研究者は、既存のデータからより早く、より良い情報を得て意思決定を行い、最初から正しく問題を解決するために、データ分析で専門知識を補う必要があります。

JMPを使用することで、次のようなことが可能になります。
  • 最も費用効果の高い新しいデータ収集方法と統計分析計画を定義して実装します。
  • 統計の専門家でない人でも、統計をより親しみやすいものにします。ガイド付き分析は、最初からうまくいくかどうかの不安を取り除きます。
  • 問題に対するロバストな解決策をより早く見つけ、プロジェクトのマイルストーンをより迅速に達成することで、より良い結果を達成します。
  • 発見をすばやく共有することで、チーム間の効率を向上させます。

工程および製品開発向け

JMPは、プロジェクトの依存関係とタイムラインを管理する機能を提供します。マイルストーンを逃すと、仕事やストレスが増え、製品の発売が遅れたり、発売後の製品コストが高くなったり、あるいはマージンが低くなったりする可能性があります。

JMPを使用することで、次のようなことが可能になります。
  • スケーリングが可能なロバストな工程を開発することにより、製品の有効性と安全性プロファイルを最大化します。
  • より多くの開発マイルストーンを予測どおりに達成して、研究開発の成果を高め、市場投入までの時間を短縮します。
  • 日常的な手動タスクを自動化することにより、分析の速度と品質を向上させます。

製造業向け

科学者は、速度とコストのトレードオフを管理しながら、品質と規制コンプライアンスに重点を置いて製造工程を調査します。

JMPを使用することで、次のようなことが可能になります。
  • 工程をより効果的に監視して、一貫した品質を確保し、発生する可能性のあるバッチ障害をより積極的に特定してトラブルシューティングします。
  • 工程と製品を継続的に改善して、より多くの価値を獲得し、無駄を削減します。
  • 工程の高度な障害または高コストな側面を解消するための効果的な分析計画を作成します。
  • 単一のプラットフォームで本番データに簡単にアクセスして前処理することにより、時間を節約します。

研究室で働く科学者および研究者向け

研究開発やプロセス開発の過程では、製品の品質や歩留まり、プロセスの能力を判断するための測定が行われます。科学者は、大量のデータを出力する高度な機器を含む実験方法でデータを収集し、評価します。

JMPを使用することで、次のようなことが可能になります。
  • データをすばやく収集し、データの品質を評価し、さらに分析を行う前に、データの精選と修正が必要かどうかを判断します。
  • 一貫した分析ワークフローを、単一のプラットフォームで実現できるので、分析にかかる時間を節約します。
  • 製品やプロセスに問題があることをデータが示している場合、部門を超えた効果的なコミュニケーションが可能です。

JMPのお客様が達成した結果

2倍

収率の向上

Lonza社

50%

研究開発時間とリソースの削減

Johnson Matthey社

35%

効率化

Merck社

製薬およびバイオテクノロジー業界向けのJMPの機能


  • 実験計画(DOE)

    事前に指定された計画に従って因子を積極的に操作し、すばやく簡単に有用で新しい理解につなげます。

  • 統計的品質管理

    一般的な原因と特別な原因を切り分けて、問題点の調査、制御不能な状態と安定性の継続的な監視など、工程の分析を支援します。

  • 安定性と貯蔵寿命の分析

    バッチのプール化の可能性を評価し、有効期限を設定し、信頼限界と交差時間を簡単に計算します。これらはすべてICH Q1ガイドラインに準拠しています。

  • 計画による品質管理

    完成品の品質パラメータに関するすべての変動要因の特定と評価

  • 用量反応

    精度、正確さ、直線性、バイアス、再現精度を分析します。曲線のあてはめを行い、幅広いシグモイド応答(4p、5p)のモデルを比較します。相対的な効力について並列性を効率的に評価し、カットポイントの決定に合理化された方法を適用します。

  • ロバストな工程の最適化

    ICH Q11ガイドラインに従って、工程内のすべての重要な品質属性(CQA)の目標について、変動によるパフォーマンスへの影響を最小限に抑えられる計画の適切な設定を見つけます。