製薬企業ユーザーの声

これまで開催してきたセミナーやイベントでのコメント、またアンケート回答より、「JMPのここが気に入っている」「JMPを選んだ理由」の一部をご紹介します。
末尾の「()」は、コメントをお寄せいただいた方の業務内容を示します。


操作面

  • 操作がわかりやすい、視覚的にデータをとらえられる。(原薬製法開発)
  • 直感的な操作・画面デザイン、簡単に複数のタスクが処理できる、操作しながらのプレゼンや解析プロセスのプレゼンが容易。(医薬品製造)
  • グラフィカルな操作、インタラクティブな動作が使いやすい。(原薬当局申請)
  • マウスでの操作が簡便な点。グラフを参照し、外れ値など注目したいデータを探索的に詳しく確認することが可能な点。(治験および臨床研究の統計解析業務)

実績面

  • 統計の知識が浅くても使いやすい。製薬業界での実績が多くある。(製剤処方設計)
  • 多くの実績があり,実施例を参照しやすい。(製剤処方設計,製剤評価(物性・品質))

機能面

  • 特別な知識がなくとも、実験計画から解析までを定型的に行うことができる。(原薬の製法開発)
  • 実験計画のモデルが豊富。(CMC研究 (原薬))
  • 最近はグラフビルダーを多用しています。グラフ作成の時間が大幅に短縮できました。(製剤の製造工程開発)
  • さまざまな方向からデータを整理できるため、自分が理解しやすい、相手に理解してもらいやすいグラフが作成できます。データの理解がはやくなることで次の研究に活かせます。(製剤研究(製剤化検討、処方変更、治験薬製造など))
  • 一変量解析、二変量解析、多変量解析を一瞬で行えるところ。データの特徴を素早くつかむことができる。(医療情報データベースを用いたアウトカムズリサーチ)
  • 予測機能の充実(統計解析)

Back to Top