製造業

製造業におけるデータ分析

製造業では、製品のライフサイクルを通じて企業によって収集されるデータは、膨大であることがあります。これらのデータを活用するためには、統計学のスキル、知識、ツールが必要です。残念ながら、これを行うことは簡単ではありません。
また、新たに開発しようとしている製品に関するデータが、手元にない場合、実験を行うことにより、データを収集する必要があります。

統計的発見のためのソフトウェアであるJMPは、技術者、エンジニアがより深くプロセスを理解し、製造プロセスの最適化、原因分析を視覚的、対話的に行うのに役に立ちます。

関連情報

製造業におけるJMPスクリーンショットギャラリー

製造業に関連するホワイトペーパー

ユーザーの声

思考の連続性を分断することなく、データを探索できるのがJMPの魅力です。思考のスピードで処理できれば、新たな分析視点の発見を妨げることもありません。
下八重 修氏
株式会社村田製作所 モノづくり技術統括部
モノづくり強化推進部 生産革新2課 マネージャー
 

株式会社村田製作所 ユーザー事例

エンジニアにとって、データの「見せ方」を選べるJMPのグラフビルダー機能は魅力的。データを等高線グラフに変えるなど活用してもらっています。経営層にとっても、 解析結果から使える技術を見渡し、適正な開発戦略を選択できることはメリットになるはずです。
山本 拓 氏
株式会社ブリヂストン タイヤ材料先行開発部 エンジニア
 

ブリヂストングループ ユーザー事例

JMPは、科学的な手法によるプロセス全体で使用しています。(戦略的なビジネスの)意思決定をするのに必要な多くのデータが存在していないこときがあります。JMPを使うことで、効率的、効果的に実験の計画を行い、結果のデータをモデリングするのに役立っています。
Jeff Sweeney,
Senior Research Statistician, Dow
 

Dow Chemical社 ユーザー事例(英語)

JMPの素晴らしいところは、視覚化です。使いやすく、いろいろと試し、さまざまな視点から結果を見ることができます。データフィルターを使用したり、重ね合わせグラフを描いたり、パラレルプロットを描けます。データを表示したり、比較したり、特定の点に焦点をあてたりするさまざまな方法が用意されています。これはとても有用です。
Petra Schreier,
Engineer, Atotech
 

Atotech社 ユーザー事例(英語)

Back to Top