テキストエクスプローラ:
フリーテキストデータの分析

蓄積していくフリーテキストデータの有効活用を、実行に移しませんか。

フリーテキストデータは、調査の回答や修理記録、エンジニアレポート、自由回答欄など、さまざまな場面で使用されます。

JMPのテキストエクスプローラは自然言語処理(NLP)アルゴリズムを使い大量の文書(コーパス)を集積しているため、非構造テキストデータにおける事実や関係性を特定することができます。

テキストエクスプローラを使うことにより、これらを手動で処理したり、すべてを無視したりすることなく、テキストデータ内の意味を簡単にトリアージしたり、特定することができます。

JMPのテキストエクスプローラでは、以下を行うことができます。      

  • 構造化データと非構造化データを一緒に分析可能です。
  • スペルミスの修正、シノニムの検出、ストップワードリストの作成、関心のあるフレーズの特定により、テキストの整理およびフィルタリングを行うことができます。
  • テキストデータの収集・整理を行うことで、テキストのパターンとトレンドを特定できます。
  • コンテキストで使用されている単語やフレーズを容易に確認できます。
  • JMPのグラフィカル機能を利用して、結果を表示することができます。

JMPトライアル版では、JMPの機能を30日間無料でお試しいただけます。トライアル版は、無料のプロファイル登録により、すぐにダウンロードできます。

今すぐダウンロード

テキストエクスプローラを使い、エンジニアレポート、修理記録、調査、コメント欄のフリーテキストをトリアージ、解釈します。

Back to Top