JMP Clinical Gradation (Solid)

JMP® Clinical

試験の安全性と有効性を確保するための臨床データ分析ソフトウェア

役割ベースのワークフロー、再利用可能なテンプレート、自動化されたレポートツールによって、試験レビュープロセスの主要なすべての参加者が、簡単にトレンドと外れ値を調査して結果を共有できるようになります。RECISTに基づくオンコロジーの視覚化(英語)リスクベースのモニタリング、データモニタリングと統計分析などの機能によって、コストのかかる施設内レビューを最小限にし、非表示のデータ、安全性や有効性の問題を明らかにします。

JMP Clinicalの評価版を申し込む

JMP Clinicalが実際に使用されているところをご覧ください。所要時間は1分です。

臨床データサイエンティストおよびメディカルモニター

JMP Clinicalのサマリーダッシュボードでは、ボタンをクリックするだけで安全性や有効性の問題を評価できます。有害事象、併用薬、臨床検査値、バイタルサインをまとめたインタラクティブな報告書を作成し、カスタマイズされた被験者プロファイルや患者情報の叙述まで掘り下げることができます。

臨床データサイエンティストおよびメディカルモニター
Gray gradation

メディカルライター

治験総括報告書(CSR)のために有害事象の叙述を作成することは手間と時間のかかるプロセスで、不正確な結果や遅延につながる可能性があります。しかしJMP Clinicalを使用することで、メディカルライターは被験者プロファイルや被験者情報の叙述を自動的に記載し、レビューのためのレポート出力や規制当局への提出のための時間と手間を削減することができます。

Medical Writers

クリニカルオペレーション

クリニカルオペレーションの目標は、規制当局への提出(申請)や医薬品承認を妨げる可能性があるデータ品質のリスクを最小限に低減することです。JMP Clinicalのリスクベースのモニタリングツールは、ベンダー、モニター、施設、国レベルでデータの異常を検出し、安全性またはデータ品質の低下の原因となる要因の特定に役立ちます。

クリニカルオペレーション
Gray gradation

データマネージャー

試験プロセス全体を通して、すべてのデータの妥当性を適切に維持することは、非常に重要です。JMP Clinicalを使用すると、データマネージャーはすべてのデータを視覚的にモニタリングし、新しいデータ、変更されたデータ、削除されたデータ、重複しているデータを迅速に特定できます。これにより、データベースの固定を促進し、有効なデータに基づく後続の分析を可能にします。

Data Managers
JMP Clinical Gradation (Solid)

JMP Clinical®の主な機能


  • 被験者情報の叙述

    死亡、重篤な有害事象(AE)、特別に興味があるAE、試験中止に至ったAEの報告など、AEが発生した各被験者の構成可能な患者情報の叙述を自動的に組み立てることができます。

  • 被験者プロファイル

    カスタマイズ可能な被験者プロファイルを即座に生成し、レビューグループ間で結果を簡単に伝達できます。

  • リスクベースのモニタリング

    データの整合性と研究参加者の安全性を維持しながら、コストのかかるオンサイトソースデータ検証を削減できます。

  • データの整合性

    原因が不正、データ品質、またはプロトコルエラーかどうかにかかわらず、施設および被験者レベルでデータの異常を検出できます。

  • データ管理

    データへの変更を視覚的に識別し、後続のデータのユーザのためにデータエントリとEDCエラーを分離します。

  • データの可視化と分析

    トレンドと外れ値を明らかにし、インタラクティブな方法と洗練されたパターン検出によって発見を促します。

  • 腫瘍反応分析

    生存分析プロット、スイマープロット、ウォーターフォールプロット、スパイダープロットなどのRECIST基準に合わせたビジュアルを使用して、固形腫瘍の臨床試験における有効性シグナルを迅速に識別できます。

  • データモニタリング

    ボタンをクリックするだけで安全性の問題について試験データを評価し、有害事象のインタラクティブレポートを作成できます。

  • バイオメトリクスとバイオインフォマティクス

    洗練された統計アルゴリズムを使用して、臨床試験における事象、所見、介入を深く掘り下げることができます。

  • 介入

    処置に対する被験者の暴露の追跡、薬物の相互作用の特定、分布、事象発生率、リスクの分析が可能です。

  • 事象

    有害事象の発生とその結果を判断し、処置群全体での有害事象パターンを識別します。

  • 所見

    有効性と安全性を迅速に評価し、肝毒性などの潜在的に有害な事象を特定します。


Back to Top