JMP Background

JMP®とSAS®の連携

SASの高度な機能へ、JMPからシームレスなアクセスが実現

JMPと他のSASソフトウェア製品およびソリューションにより、プロジェクトの展開に対する柔軟性と適用力が生まれます。

サーバー上のSASはデータクレンジング、統合、セキュリティおよびアクセスの面で非常に有益です。大量で、かつ複数の形式や複数の場所に散在しているようなデータを扱う分析プロジェクトではSASを使用してください。分析の元になる高品質なデータを準備できます。そして、JMPは、その使いやすくパワフルなビジュアライゼーション機能により、発見や分析、革新の手助けをします。

JMPはプログラミングなしでSASに接続できる機能を持っています。JMP上で動作するさまざまなアプリケーションにより、SASの特定の機能やプロシジャ、ソリューションが利用できます。

JMP®とSAS®のワークフロー

JMPおよびSAS製品

JMPとSASを連携させた、特定の分野向けの製品があります。以下のリンクをクリックして詳細をご覧ください。

JMP®とSAS®の連携

JMPとSASを連携させるにはいくつかの方法があり、それらを利用して以下のことを実現できます。

  • SASでクレンジングおよび統合されたデータセットの読み込み、抽出や分析の実行。
  • SASの豊富なデータ管理ツールや分析のプロシジャの利用。
  • JMPの対話的なグラフ作成、ビジュアライゼーション、分析ツールの利用。
  • MacintoshまたはWindowsの環境でJMPをSASクライアントとして使用。JMPの中でSASコードを入力または生成し、サブミットして結果を確認。
  • JMPとSASによる独自のクライアント/サーバーソリューションの作成。

JMPスクリプト言語 (JSL) を使用したJMPとSASの連携のサンプル

 データがJMPの中にある場合データがSASサーバー上にある場合
SASの機能を利用ポイント&クリックの操作でデータをJMPからサーバーへ移動し、SASの実行結果をJMP内に表示。データ管理や分析を行うSASプログラムを使用、実行結果をJMP内に表示。
JMPの機能を利用SASは使用せず、JMPにもともと用意されている分析やグラフの機能を使用。SASデータセットをJMPに読み込み、必要な分析をJMPで実行。
JMPとSASの機能を利用ごく短いスクリプトでデータをJMPからサーバーへ送り、SASで分析を実行、データとレポートをJMPに戻し、さらに必要な分析をJMPで実行。SASで分析を実行し、データとレポートをJMPに返してから、目的のJMP分析を実行。

SASアプリケーションの作成

JMPとSASによる、特定の分析ニーズを満たす独自の ダッシュボードビルディングを作成できます。

また、JMP File Exchange(英語)ページから、ユーザーが開発したSASアドインをダウンロードできます。

SASコードの入力

JMPはSASエディタの機能を備えています。掘り下げた分析を行うためのSASプログラムをそのエディタに入力し、SASにサブミットすることができます。 結果は指定した形式でJMPに戻されます。JMPレポートの形式を選択すると、JMPの中で分析を行ったときと同様に結果を探索できます。マウスのクリックだけで、他の人が作成したSASプログラムをJMP内に開くこともできます。 JMPの「モデルのあてはめ」および「時系列分析」のプラットフォームでは、指定したモデルのSASプログラムを生成し、SASで実行することが可能です。JMPの「パーティション」および「ニューラル」のプラットフォームでは、新しいデータセットのスコアを計算するのに使えるSASデータステップのコードを生成できます。

Back to Top