JMPソフトウェア・メンテナンス・アップデート

このページで提供されるアップデータは、インストール済みのJMPを、そのメジャーバージョンの最新のメンテナンスレベルにアップデートします。JMPのメンテナンス・アップデートは、年間ライセンスのご契約、または、シングルユーザーライセンス版をご購入いただいている方のみ利用可能です。以下の手順に従って、適切なアップデータをダウンロードしてください。サブスクリプションユーザーは、JMPサブスクリプションプロファイルを通じて特定のアップデータを利用できます。ライセンスの種類に合ったアップデータのダウンロード方法

注:

  • JMPのシングルユーザーライセンスは、JMP 14の提供をもって終了しています。個人利用でのご利用の場合は、JMPサブスクリプションをご検討ください。
  • OnTheHubからJMP Student Subscriptionをご利用の方は、マイJMPサブスクリプションポータルにログインし、サブスクリプションに関連付けられたSASプロファイルを使用して、最新バージョンをダウンロードできます。(米国のみ)
  • 年間ライセンス版およびシングルユーザーライセンス版のメジャーリリースは、お客様のサイトのソフトウェア管理者の方が管理しています。サブスクリプションライセンス版のメジャーリリースは、通常、ご購入者自身により管理されています。最新のJMPソフトウェアの機能につきましては、 JMP、JMP Proの新機能をご覧ください。

使用しているライセンスの確認方法

JMPの環境設定を利用すると簡単に行えます。

[ファイル]>[環境設定]のウィンドウで、左側のリストの 「JMP のアップデート」 を選択し、[今すぐチェック]をクリックします。JMP自身が、アップデートがあるかどうかチェックし、適切なダウンロードページを表示します。[アップデートをチェック]の項目をオンにすると、JMPが定期的にアップデートをチェックするようになります。

また、所有しているライセンスの種類を確認する方法もあります。Windowsの場合は、メニューバーから、[ヘルプ]>[バージョン情報]を、Macの場合は、[JMP]>[JMPについて]を選択してください。

  • 年間ライセンスのお客様は、サイトIDと期限終了日をご確認いただけます。
  • シングルユーザーライセンスのお客様は、シリアルナンバーをご確認いただけます。
  • サブスクリプションライセンスのお客様の場合、サブスクリプション更新日と一緒にシリアル番号が表示されます。また、JMPサブスクリプションを管理するのページにログインし、最新版のサブスクリプションインストーラーをダウンロードすることができます。

前述のとおり、既にインストールされているJMPをそのバージョンに対応した最新のメンテナンスレベルにアップデートするためにのみ、以下のダウンロードは使用できます。本手順は、古いバージョンのJMPから最新のバージョンへのアップグレードには使用できません。最新版のJMPを入手する方法については、以下の説明書をご参照ください。

JMP 16アップデート

(バージョン16がインストールされている必要があります)

JMP 15 アップデート

(バージョン15がインストールされている必要があります)

JMP 14 アップデート

(バージョン14がインストールされている必要があります)

以前のバージョンのJMPに対するアップデートをダウンロードするには、本ページ右上のボックスからご利用のバージョンを選択してください。