Live Webコース
JMPによるデータ分析入門

開催日時

2020年10月13日(火) 10:00~17:00
※ 1日間コース

  • このコースは、Zoomを利用したLive Web形式のオンライン開催です。お勤め先またはご自宅のPCからトレーニングを受講いただけます。
  • お申し込みの前に、Live Web システム必要条件を必ずご確認ください。
  • コース開催時はバーチャル環境(Virtual Lab)のJMPを操作していただけます。ご使用のPCに最新バージョンのJMPがインストールされている必要はありません。
  • 当日のZoomミーティングやVirtual Labの接続情報は、一週間前にお送りするメールにてご案内します。

対象

主にJMP、データ分析の初心者を対象としています。

  • JMPでデータ分析を行ってみたいが、どのように始めていいかわからない方
  • データ分析の必要性があり、JMPを使ってのデータ分析の流れを学習したい方
  • JMPでデータ分析を行っているが、さらなる知識を得たい方

統計に関する知識は前提としていません。
JMPの使用経験も前提としませんが、少しでも使用経験があった方が望ましいです。

※ このコースでは、基本的なJMPの出力レポートに対する解説は行いますが、統計理論の詳細な解説は行いません。

内容

JMPを用いて、次のような実際のデータ分析の流れに沿った形で講義を行います。

データの読み込み → データクリーニング、加工→
可視化 → 分析 → 結果の解釈 → レポーティング

講義では主に要因分析(目的変数Yに影響を及ぼす説明変数Xを見つける)を扱います。

演習問題を行い、"分析の流れ"や"データからの新たな発見"を体感していただきます。

  • データの読み込み
    代表的なデータ形式(Excel, txt)について、JMPで読み込む方法を説明
  • データクリーニング、要約
    複数データの結合、欠測値の発見、計算式の作成、再コード化など、データを分析する前の処理を説明
  • データの可視化
    可視化、要約の機能
    層別によるパターンの発見、外れ値の存在、外れ値を除いての分析などを説明
  • データの分析
    基本的な分析手法の紹介、JMPでの操作方法、分析レポートの見方を説明
  • レポーティング
    データテーブルへの出力、結果レポートの保存、他のアプリケーションへの貼り付け、スクリプト による保存などを説明

本講義でご紹介する、主なJMPのメニューやプラットフォームは以下のとおりです。

  • テーブル(サブセット、結合(Join)、欠測値パターン表示など)
  • 一変量の分布、二変量の関係、多変量の相関、パーティション
  • グラフビルダー、散布図行列
  • データフィルタ

受講料

33,000円(税込)
(税抜価格30,000円)

お申し込み

申込用紙(PDFファイル)を印刷し、 必要事項をご記入の上、JMPジャパン事業部(FAX:03-6434-3781)までお送りください。

お申し込みの際は、Live Web システム条件、およびJMPトレーニング規約をお読みください。

Back to Top