応答は、コーヒーの「濃度」です。この濃度は、屈折計を用いて測定された総溶解固形分(TDS; Total Dissolved Solids)です。コーヒーは、カップ用フィルターでドリップし、ドリップから5分後に測定を行います。
既存の研究において、「挽き」「温度」「時間」「豆の量」という4つの因子が特定されています。コーヒーは、3カ所の作業場所でドリップします。場所のばらつきを考慮に入れるため、「場所」をブロック因子として調査に加えました。以下は、因子についての説明です。
「挽き」は挽きの粗さで、 水準は「Medium」(中)と「Coarse」(粗い)の2つです。
「温度」はコーヒー粉に注ぐ直前のお湯の温度(華氏)で、 華氏195度と205度に設定します。
「時間」はドリップの時間(分)で、 設定値は3分または4分です。
「豆の量」は円錐型のフィルターに入れるコーヒー粉の量で、水1オンスあたりの量(グラム)です。設定値は1.6と2.4です。
「場所」は、コーヒーをドリップする場所で、 1、2、3とラベリングされています。
表2.1 は、因子とその設定をまとめたものです。これらの因子と水準は、「Design Experiment」フォルダ内の「Coffee Factors.jmp」サンプルデータに保存されています。
「挽き」は、2水準のカテゴリカル因子です。
「温度」「時間」「豆の量」は連続尺度の因子です。
「場所」は、3水準のブロック因子です。
実験で使用する器具を図2.3 に示します。これは、ある場所での実験器具です。他の2つの場所でも同様の器具を使います。
図2.3 コーヒーの実験器具