Windowsで[ファイル]>[名前を付けて保存]を選択した場合、アプリケーションをアプリケーションソースファイル(.jmpappsource)、アプリケーション(.jmpapp)またはスクリプトとして保存できます。
Macintoshで[ファイル]>[書き出し]を選択した場合は、アプリケーションをアプリケーションファイルまたはスクリプトとして保存できます。Macintoshでアプリケーションをアプリケーションソースファイルとして保存するには、[ファイル]>[別名で保存]を選択します。
.jmpappsourceファイル形式の場合、アプリケーション開発者は、開発途中のアプリケーションを保存し、後で作業を続けることができます。アプリケーションビルダーでファイルを再び開くと、保存時と同じ状態でウィンドウが表示されます。アプリケーションの作成に使用したデータテーブルもだ使用可能な状態でなければなりません。
アプリケーションを他のユーザに配布する場合は、.jmpappファイル形式を使用します。ファイルを開くとすぐにアプリケーションが実行されます。アプリケーションは、その設定に従い、現在のデータテーブル、ディスク上のファイル、またはユーザからの入力から、使用するデータテーブルを判断します。
ヒント:.jmpappファイルとして保存し、Open()を使ってアプリケーションを実行することもできますが、スクリプトを保存したほうが、ファイルの数を少なく抑えられます。