「addin.def」ファイルは、JMPアドインの登録情報を示す名前と値を含んだテキストファイルです。「addin.def」ファイルに含まれる名前と値は、次のとおりです。
(オプション)表示名をさまざまな言語に翻訳できます。xxは、各言語の2桁のISO 639-1コードです。翻訳名を指定しても、翻訳名を指定しなかった地域設定の下でJMPが実行される場合に備えて、言語に左右されない名前も指定しておきましょう。アドインビルダーでは使用できません。
(オプション)アドインファイルのパス。指定されていない場合、「addin.def」ファイルがあるフォルダが、アドインのホームフォルダとなります。ホームフォルダが別の場所(たとえば、ネットワーク上の共有フォルダなど)にある場合は、このhomeオプションで指定する必要があります。アドインビルダーでは使用できません。
(オプション)有効な値はWinおよびMac。アドインビルダーの「動作するホスト」に該当します。
(オプション)指定できる値は、アドインが使用できる最高のJMPメジャーバージョンを表す整数。この設定は、アドインとJMPの特定のバージョンとの間に互換性がないことがわかっている場合のみ使用してください。以降のJMPバージョンについては、アドインの新バージョンを提供する必要があります。アドインビルダーでは使用できません。
id="com.mycompany.myaddin"
name="My Add-In's Friendly Name"
name_fr="My Add-In's French Name"
name_de="My Add-In's German Name"
home="¥¥server¥share¥myjmpaddin"
Autoload=1
MinJMPVersion=9
以下のフォルダに、Simple Calculator.jmpaddinという名前のサンプルアドインが用意されています。
Windowsの場合: C:¥Program Files¥SAS¥JMP¥13¥Samples¥Scripts
Macintoshの場合: /Library/Application Support/JMP/13/Sample/Scripts
メモ: WindowsでJMP Proを使用している場合は、「JMP」の部分が「JMPPro」になります。JMP Shrinkwrap(シングルユーザーライセンス)の場合は、「JMP」の部分が「JMPSW」になります。
アドインの内容を見るには、拡張子を.zipに変更し、それを新しいフォルダ内に展開します。アドインの動作を確認するには、拡張子を.jmpaddinに変更し、インストールします。
id="com.jmp.sample.calculator"
name="Simple Calculator"