この例では、「Tiretread.jmp」サンプルデータを使用します。3つの因子(「シリカ」「シラン」「硫黄」)と、4つの応答(「摩擦」「引張応力」「伸び」「硬度」)があります。タイヤのトレッドを開発するにあたり、最適な3つの因子の組み合わせを見つけたいとしましょう。Derringer and Suich(1980)を参照してください。
1.
[ヘルプ]>[サンプルデータライブラリ]を選択し、「Tiretread.jmp」を開きます。
3.
「予測式 摩擦」を選択し、[Y, 予測式]をクリックします。
図2.2 入力後の「プロファイル」起動ウィンドウ
4.
[OK]をクリックします。
図2.3 「プロファイル」レポートウィンドウ