判定者間の一致率を比較するには、データテーブルにおいて、判定者ごとに1列ずつ結果を保存しておく必要があります。これらの列に、起動ウィンドウで[Y, 応答変数]の役割を割り当てます。図8.2 では、判定者(A、B、C)ごとに、全部で3列で結果が保存されています。
各列に保存する応答は、文字列(合格/不合格)、数値(0/1)のいずれでもかまいません。図8.2 では、判定者の応答は数値(合格の場合は0、不合格の場合は1)で保存されています。応答列のデータタイプはすべて同じであることが必要です。
[X, グループ変数]として使用したいその他の変数は、それぞれ1つの列に入れておきます(図8.2 の[部品]列を参照)。[基準]列も定義して、その基準と各判定結果を比較することもできます。基準列と応答列のデータタイプは同じである必要があります。
図8.2 計数値用ゲージチャート