「破壊劣化」プラットフォームを起動するには、[分析]>[信頼性分析/生存時間分析]>[破壊劣化]を選択します。図7.10 は、「Reliability」フォルダにある「Adhesive Bond.jmp」データテーブルを使用した「破壊劣化」起動ウィンドウです。
図7.10 「破壊劣化」起動ウィンドウ