「劣化データ分析」プロットには、「分布」、「変換」、「経路の定義」での現在の設定に基づいたデータとグラフが表示されます。図7.11 のプロットは「Adhesive Bond.jmp」データテーブルのもので、オプションのX変数も含まれたモデルを示しています。
図7.11 破壊劣化のプロットとオプション
メモ: デフォルトでは、マーカーに色は塗られていません。モデルと同じ色をマーカーに塗りたい場合には、まず、[行]>[列の値による色/マーカー分け]を選択します。次に、X列を選択します。[連続尺度]を選択解除します。そして、「色」のメニューから[JMP標準]を選択します。