データテーブルの連結では、2つ以上のデータテーブルの行を結合します。新しいデータテーブルを作成するか、または1つ目のデータテーブルに行を追加することもできます。連結したいデータテーブル間で、列名が同じ場合があります。その場合は、すべてのデータテーブルの値が、連結された順序で新しいデータテーブルの列にリストされます。元の2つのデータテーブルに異なる名前の列がある場合、それらの列も新しいデータテーブルに含まれますが、値として欠測値を含みます。
1.
図5.19 「連結」ウィンドウ
2.
3.
(オプション)[計算式の保存/評価]オプションをクリックすると、すべての計算式が含まれます。
4.
(オプション)[ソース列の作成]のチェックボックスをクリックすると、「元のテーブル」という列が新しいデータテーブルに追加されます。
5.
(オプション)[最初のテーブルに追加]オプションを選ぶと、「連結するデータテーブル」フィールド内で最初にリストされているデータテーブルに行が追加されます。このオプションは、新しいデータテーブルを作成する代わりとなるものです。
6.
(オプション)「出力テーブル名」フィールドに新しいデータテーブルの名前を入力します。
名前を入力しない場合、データテーブルには「無題#」(たとえば、「無題1」)という名前が付きます。「出力テーブル名」フィールドは、[最初のテーブルに追加]オプションを選んだ場合は使用できません。
7.
[OK]をクリックします。