[テーブル]>[結合(Join)]を選んで、2つのデータテーブルを1つの新しいテーブルに結合できます。2つのデータテーブルの結合方法全般の解説については、2つのデータテーブルを結合して1つの新しいデータテーブルを作成するには、以下の手順で操作します。を参照してください。テーブルは、次の3つの方法で結合できます。
図5.22 に示すように、表示されるウィンドウの「...と結合するテーブル」の下に、開いているすべてのテーブルの名前が表示されます。
図5.22 「結合(Join)」ウィンドウ
3.
「...と結合するテーブル」で、アクティブなテーブルと結合するテーブルを選択します。
5.
「出力テーブル名」の下のテキストボックスに新しいテーブルの名前を入力します。
7.
[OK]をクリックして、データテーブルを結合します。
[OK]をクリックした後も「結合(Join)」ウィンドウを開いたままにします。
出力テーブルは、元のテーブルと同じ列を持ちます。そのため、[結合するテーブルのデータで主テーブルを更新]を使う場合は、[テーブル結合のために列を選択]は適用されません。
[結合するテーブルのデータで主テーブルを更新]オプションは、行番号または対応する列による結合の場合にだけ選択できます。
対応する列の値で結合する場合、[同名の列をマージ]をオンにすると、[対応フラグ]もオンになります。結合してできた新しいテーブルには、「対応フラグ」という名前の名義尺度の列が含まれます。
対応する列の値で結合する場合に、結合後のデータテーブルに「対応フラグ」列を含めないようにします。
2.
[対応]をクリックします。選択した列のペアが、「対応する列」ボックスに表示されます。対応する列は、同じ名前でなくてもかまいません。また、両方のテーブルで、同じ位置になくてもかまいません。
3.
(オプション)最初に検出された一致する行だけを含めるには、両方のテーブルの[重複する行を削除]チェックボックスをボックスをオンにします。すると、最初に検出された一致する行だけが新しいテーブルに書き込まれます。一方のテーブルだけにこのオプションを指定すると、最初に一致した値が他方のテーブルで一致したすべての値と結合されます。[重複する行を削除]のチェックボックスを両方ともオフにしておくと、対応する列値の各グループ内で直積が実行されます。
4.
(オプション)データテーブルのすべての行(一致する値がない場合も)を含めるには、[一致しない行も含める]ボックスをオンにします。結合する一方または両方のデータテーブルにこのオプションを指定できます。
2.
「出力列」の[選択]をクリックします。