「クラスター<i> 成分」という列をデータテーブルに保存します。各列に含まれる計算式は、(中心化・尺度化されていない)元データからクラスター成分を求めるものです。
ヒント: クラスター成分を回帰モデルなどに利用する場合には、まず[クラスター成分の保存]オプションを選択して、クラスター成分をデータテーブルに保存してください。次に、「モデルのあてはめ」の「モデル効果の構成」リストなどで、それらのクラスター成分を指定してください。
以下のオプションについて詳しくは、『JMPの使用法』の「JMPのレポート」章を参照してください。