1.
[ヘルプ]>[サンプルデータライブラリ]を選択し、「Iris.jmp」を開きます。
3.
「がくの長さ」「がくの幅」「花弁の長さ」、および「花弁の幅」[Y, 共変量]に指定します。
4.
「種類」を選択し、[X, カテゴリ]をクリックします。
5.
[OK]をクリックします。
図5.2 「判別分析」レポートウィンドウ
「種類」は3群なので、正準変数は全部で2つしかありません。「正準プロット」は、最初の2次元の正準座標に各オブザベーションをプロットしたものです。プロットを見ると、2次元の座標によって3つの品種が判別されていることがわかります。今回の例では検証セットがなかったため、「スコアの要約」レポートには学習セットのみの誤分類表が表示されています。検証セットがない場合、データセット全体が学習セットとみなされます。150個のオブザベーションのうち、3つだけが誤分類されています。