「データ処理」レポートのオプション
入力値が0〜1の範囲になるように、入力値を線形変換します。
ヒント: この[範囲0~1に配置]は、P-スプラインモデルをあてはめる場合、特に役立ちます。