次に、Pat Matchを使用して、定義したパターンと文字列を比較します。
Pat Matchは、文字列内にパターンが見つかった場合はTrue(1)を戻し、見つからなかった場合はFalse(0)を戻します。
詳細については、『スクリプトガイド』の「データタイプ」章を参照してください。
式(expr)が0以外のときは、成功し、ヌル文字列とマッチするパターンを生成します。そうでない場合は失敗します。
より簡単な関数として、Regex関数(第 “Regex”)があります。Regex関数は、リストではなく文字列の値を戻します。そのため、計算式エディタでは、通常、Regex Match関数よりも簡単に使えます。