相関と回帰

相関

連続変数のペア間での相関

取り上げているJMPの機能:

分析 →  二変量の関係、分析 → 多変量 → 多変量の相関

ノンパラメトリックな相関

このページではJMPで次のノンパラメトリックな相関係数を計算する方法を説明しています:
Spearman の順位相関係数、Kendall の順位相関係数、Hoeffding のD統計量

取り上げているJMPの機能:

多変量プラットフォーム

単回帰分析

2つの連続変数間の関係をモデル化する

取り上げているJMPの機能:

分析 → 二変量の関係

重回帰分析

連続変数の応答変数と連続変数もしくは質的変数の説明変数間の関係をモデル化する

取り上げているJMPの機能:

分析 → モデルのあてはめ

単純ロジスティック回帰

イベントの発生確率をモデル化する

取り上げているJMPの機能:

分析 → 二変量の関係

多重ロジスティック回帰

2つ以上の説明変数を使用して、イベントの発生確率をモデル化する

取り上げているJMPの機能:

分析 → モデルのあてはめ

ステップワイズ回帰

最小2乗法もしくはロジスティック回帰モデルの作成・比較を行う

取り上げているJMPの機能:

分析 → モデルのあてはめ → ステップワイズ法

Back to Top