JMPからのSASの利用

JMPから学校のSASサーバーへの接続

学校のSASメタデータサーバーに接続するか、リモートSASサーバーへ直接接続する

取り上げているJMPの機能:

SASデータセットの内容の確認、JMPでSASデータセットを開く、ストアドプロセスを実行する、SASコードのサブミット

JMPから自分のPC(Windows)上のSASへの接続

WindowsマシンのローカルにインストールされたSASへ接続する

取り上げているJMPの機能:

SASデータセットの内容の確認、JMPでSASデータセットを開く、ストアドプロセスを実行する、SASコードのサブミット

SASインテグレーションの環境設定

JMPとSASの連携の動作を指定する

取り上げているJMPの機能:

ファイル → 環境設定 → SASインテグレーション

JMPを使用したSASプログラムの作成

モデルのあてはめ、時系列分析からSASプログラムを作成し、SASにサブミットする

取り上げているJMPの機能:

分析 → モデルのあてはめ、分析 → モデル化 → 時系列分析

SASプログラムの入力と実行

JMPでSASプログラムエディタを使ってSASプログラムを作成しサブミットする、あるいは、JMPから既存のSASプログラムをサブミットする

取り上げているJMPの機能:

ファイル → 開く、ファイル → SAS → SASプログラムの新規作成

Back to Top