n = 行数(標本サイズ)
A = 主成分の個数
Xci =i番目の行を標準化したデータ
T2
i番目の行に対するT2値は次のような式で表されます。
ここでPAは最初からA次元までの固有ベクトル、Lは最初からA次元までの固有値を対角要素にもつ行列です。
T2プロットの中央値と上側管理限界(UCL)は、次のように計算します。
中央値の計算には、q = 0.5を使用します。UCLの計算には、q = (1 - α)を使用します。
i番目の行におけるT2に対する寄与度は、次のような式で表されます。