「ブースティングツリー」プラットフォームの概要
「ブースティングツリー」プラットフォームは、多数の小さいツリーをあてはめて(layer)を形成し、それに基づいて加法的な大きなモデルを構築します。各ツリーはそれぞれ少数(通常は5つ以下)の分岐で構成されます。各層は、パーティション章で解説されている再帰的な手法であてはめられます。ただし、各層において、指定された分岐回数に達した時点で、分岐を止めます。なお、ツリーにおける葉の予測値は、その葉に含まれるすべてのデータの平均です。