「関数データエクスプローラ」の概要
関数データは、時間などの連続的な変数に対して記録されたデータとして定義されています。関数データにおける測定値は、曲線またはイメージです。関数の定義域は時間であることが多く、1つの関数における一連の測定値はID変数で区別されます。ある時点tにおけるIDがiである関数の観測値を、fi(t)とここでは記します。 「関数データエクスプローラ」プラットフォームを使用すると、このような関数データを探索・分析できます。
興味がある1つの応答変数 f(t)が関数形式となっている場合。
2つ以上の応答変数f(t)が関数形式となっている場合。これらの複数の出力変数は、関数過程(functional process)または信号過程(signal process)と呼ばれることがあります。