モデルのレポート
データの前処理が終わったら、「関数データエクスプローラ」の赤い三角ボタンの「モデル」メニューにあるオプションでモデルをあてはめます。利用可能なモデルについては、第 “モデル”を参照してください。異なる種類のモデルをデータにあてはめるたびに、そのモデルの結果がレポートに追加されます。モデルに関する各レポートは、次のようなレポートで構成されます。
モデルの設定
モデルの設定を指定後、[実行]をクリックすると、「モデル選択」レポートのモデルが更新されます。
モデル選択
「モデル選択」レポートには、全体およびID変数の水準ごとの予測プロット、モデル選択規準統計量のプロット、適合度統計量の表が表示されます。モデル選択規準統計量のプロットには、モデル設定ごとにモデル選択規準統計量がプロットされています。このプロットでデフォルトでプロットされる統計量は、BIC(ベイズ情報量規準; Bayesian Information Criterion)です。第 “モデルレポートのオプション”を参照してください。B-スプラインモデルとP-スプラインモデルについては、次数ごとの折れ線が、指定された節点の個数を横軸にしてプロットされます。Fourier基底モデルについては、正弦と余弦のペアの個数を横軸にしてプロットされます。「モデル設定」において、このプロットに描かれるモデルの設定は変更できます。
適合度統計量の表に表示されている結果は、現在のモデルに対するものです。-2対数尤度、AICc、BIC、GCVが表示されます。また、「< Y変数名> 標準偏差」に、標準偏差が表示されます。この標準偏差は、現在のモデルにおける誤差の標準偏差(の推定値)です。P-スプラインモデルにおいては、ペナルティパラメータλ (ラムダ)も表示されます。
診断プロット
関数の要約
基底関数係数
ランダム係数
関数主成分分析