図2.11 起動ウィンドウの機能
選択されている列を、役割([Y][X]など)のリストに移動します。この操作により、特定の役割を、列に割り当てていきます。この作業は、適切な役を、俳優に割り振るようなものです。詳細については、第 “選択した列に役割を割り当てるボタン”を参照してください。
「グラフビルダー」ウィンドウでは、[ダイアログボックス]ボタンまたは[やり直し]>[分析の再起動]をクリックすると、このパネルが表示されます。
図2.12 列フィルタメニュー