図8.1 回転後の因子負荷量
目次