管理図は、主要な変数の把握に役立ち、工程が統計学的な見地から管理状態にあるか、管理状態から逸脱しているかを示します。第3章「管理図ビルダー」および第4章「統計的管理図」では、対話式の管理図プラットフォーム「管理図ビルダー」の紹介も含め、JMPで管理図を作成する方法について説明します。第5章「CUSUM(累積和)管理図」では、累積和管理図に基づく意思決定を説明しています。工程に生じる小さなシフトを検出したい場合は、第6章「VマスクCUSUM管理図」をご覧ください。工程における複数の特性を同時に監視したい場合は、第7章「多変量管理図」をご覧ください。