多変量管理図は、相関がある2つ以上の工程変数を監視するときに使用します。一変量の管理図は、1変数ずつしか監視できませんが、多変量管理図では相関のある複数の変数を監視します。「多変量管理図」プラットフォームは、HotellingのT2管理図を描きます。このプラットフォームは、履歴データをもとに工程が安定していたかどうかを判断するだけでなく、新しいデータをもとに工程を監視することもできます。
図7.1 多変量管理図の例
目次