応答変数がカテゴリカルな場合には、該当の列による分岐のG2を合計したもの。連続尺度の場合には、SS(Sum of Squares; 平方和)を合計したもの。
G2またはSSの棒グラフ。
該当の列によるG2またはSSの割合。
以下のオプションについて詳しくは、『JMPの使用法』の「JMPのレポート」章を参照してください。