クラスターがはっきりと分かれている場合は、階層型クラスター分析やk-means法が妥当です。しかし、クラスターが重なり合っている場合は正規混合法の方が妥当です。なぜなら、正規混合法は、境界によってグループを排他的に分類するのではなく、各クラスターに所属する確率を求めるからです。
図13.1 正規混合バイプロット
目次